>

参考になる意見をたくさん聞こう

ダイニングを上手く隠そう

ダイニングが見えると、ゆったりとした雰囲気にはなりません。
リビングとダイニングが繋がっている部屋の場合は、ダイニングに背を向けてソファーを配置してください。
するとダイニングが見えなくなるので、リラックスできる雰囲気になります。
インテリア事例を見ると、そのような配置になっている部屋がたくさんあります。

広いソファーを選択すれば、横になることもできます。
少し眠くなっても、わざわざ寝室まで行くのが面倒だと感じることもあるでしょう。
その時に横になれるぐらいの広いソファーがあれば、身体を休ませることができます。
タオルケットも身近に用意しておくと、いつでもお昼寝ができます。
邪魔にならない場所に、備えておきましょう。

テレビを見やすくする工夫

今のままでは、どうもテレビが見にくいと感じている人は模様替えをしてください。
ソファーよりテレビが低かったり、高かったりすると見にくく感じます。
高さが大体同じぐらいの位置に、テレビを置いてください。
距離も考えましょう。
一般的にはテレビの高さを3倍にした数値が、最もテレビを見やすい距離だと言われています。

模様替えをする時に細かく計算する必要はありませんが、あまりにも近すぎないように注意してください。
テレビがソファーに近いと、長時間見ていると目が疲れてしまいます。
それでは、ゆったりできる室内にはならないでしょう。
適度に距離を保ってください。
頻繁にテレビを見る人は、ソファーではなくパーソナルチェアでも良いでしょう。


この記事をシェアする